Menu

設備紹介

Home

設備紹介

最新医療機器の一部をご紹介いたします。

※タイトルをクリックすると詳細がご覧いただけます。

マルチスライスCT

詳細はこちらをご覧ください>>

・世界最小0.5 mmスライス、低線量撮影を可能とした装置で、撮影時間の短縮、3相撮影の精度向上が期待でき、被曝量も従来比べて最大75%減少させています。人と同じように、麻酔せずに撮影可能な場合があります。
・レントゲンやエコーでは検出できない病変を検出でき、動物達の治療の可能性を広げるものとなっております。
・撮影した画像は立体的に三次元画像(3D)で見る事もでき、全身の軟部組織疾患、整形外科疾患、神経疾患といった広範囲の診断、評価に用いることができ、又全ての診察室で閲覧することができます。

CT検査が有効な病気
CT検査は、鼻の先から尻尾にわたる全身の撮影が可能で、多くの組織・臓器における多岐にわたる病変を検出可能です。

頭部
歯周病など歯科疾患、外耳炎、中耳炎、水頭症などの一部の頭蓋内疾患、骨折、腫瘍 (鼻腔、口腔、扁桃、唾液腺、咽喉頭部、眼窩、脳、骨腫瘍など)

頚部
甲状腺、リンパ節、頚部食道、頚部気管などの疾患、腫瘍

胸部
肺炎、気胸、胸水、肺葉捻転、気管虚脱、腫瘍 (肺、心臓、前縦隔、胸壁など)、骨折など

腹部
消化管内異物、腸閉塞、腸重積、胆嚢疾患(胆嚢粘液嚢腫、胆石、胆嚢炎、胆嚢破裂など)、門脈体循環シャント、結石(腎臓、尿管、膀胱、尿道)、脾捻転、骨折、腫瘍(肝、胆嚢、膵、消化管、副腎、脾、腎、膀胱、リンパ節など)など

脊椎・脊髄
椎間板ヘルニア、腫瘍、骨折

マルチスライスCT
予防接種 避妊・去勢手術 獣医師 再生医療 レーザー治療 トリミング 血液療法 免疫治療