Menu

動物看護師ノート

Home

Y.チョコちゃん

 以前、他院で診てもらっていたそうですが『この腫瘍はまだ小さいので様子を見ましょう。』と言われ、様子を見ていたそうです。その後、しばらくして急に大きくなってきたので当院に来院されました。
 腫瘍はとても大きく、腹部の横幅と同じくらいの大きさになっていました。15歳という高齢で、さらにひどく貧血していたので、チョコちゃんも弱っていました。
 手術の前日にお預かりして輸血をし、手術に挑みました。
 腫瘍の浸潤はひどく、腹膜にも達していたので、腹筋の一部も一緒に切除することになりました。 全身状態が悪く、リスクの高い状況での手術でしたが、術後の経過は良好で、すごくご飯も食べるようになり、元気に退院されました。
良かったね♥ おめでとう!

看護ノート