和歌山動物医療センター

和歌山県岩出市の和歌山動物医療センターでは犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

 

病院紹介

  • O.りゅうちゃん (誤食による肝臓内異物摘出)

     元気・食欲がないと診察にこられました。2週間ほど前にごみ袋をあさった形跡があり、そのごみの中に手芸用の針金も入れていたのでそれを誤食したのかもしれないとのことだったので、CT検査を行いました。
     検査の結果、針金が胃を貫通し、肝臓右葉内側に刺さっていることが分かりました。開腹手術で摘出することができ、無事退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!


    *CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • S.サラちゃん (乳腺腫瘍切除手術と副腎腫瘍の摘出手術)

     乳頭が腫れているため診察に来られました。乳頭の腫れと共に付近の乳腺が硬くなっていたので細胞診をした結果、化膿性炎症を伴う乳腺腫瘍が疑われ、切除手術をすることになりました。ところが、手術前検査でCT検査したところ、手術予定の乳腺以外に、右副腎に腫瘤があることが確認されました。
     副腎腫瘍は、将来的な血管浸潤や転移の恐れもあるため、まず乳腺腫瘍の摘出を行い、抜糸後に右副腎摘出手術を行うこととなりました。
     腫瘍化した右副腎は、大きな動脈が流入するだけでなく、体内で一番太い静脈と癒着しており、難易度の高い手術でしたが無事手術を終え、入院治療後元気に退院されました。摘出した組織は副腎皮質腺癌でした。
    良かったね♥ おめでとう!


    *CTについてはこちらをご覧ください。
    超音波凝固切開装置はこちらをご覧ください。
    ソノキュアについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • O.チャコちゃん (鼠径ヘルニア内で嵌頓)

     元々、心臓で定期的に通院されていたチャコちゃんですが、元気がないと来院されました。エコーでお腹の状態を確認したところ、左鼠径ヘルニアに小腸が入り込み、戻せない状態(嵌頓)になっており、緊急手術を行うことになりました。入り込んだ小腸は既に壊死しており、壊死した部分を切除し吻合する手術を行いました。
     15歳と高齢で持病もありましたが、大きな手術後も入院治療を頑張り、元気に退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!


    *CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • M.モカちゃん (尿路閉塞・巨大結腸症)

     膀胱炎で尿が出にくく、便秘と食欲不振の症状もあり他院で治療をされていましたが改善しないため当院に来られました。
     尿検査と血液検査、レントゲン撮影とエコーで腹部の状態を確認した結果、尿路閉塞と巨大結腸症のため尿と便が出にくくなっていることが分かりました。
     入院治療をし、徐々に尿と便がでるようになり、元気に退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!



    ソノキュアについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • N.チョコちゃん (椎間板ヘルニア)

     他院からの紹介で、後肢が麻痺して引きずって前足だけで歩いている、CT検査と治療を希望と来院されました。
     脊髄造影CT検査により、椎間板ヘルニアによる脊髄の圧迫部位を確認できたため、片側椎弓切除術(脊髄の圧迫 を解除する手術)を行いました。
     現在は元気に後肢も使って走り回ることが出来ています。
    良かったね♥ おめでとう!

    *CTについてはこちらをご覧ください。
    ソノキュアについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

HOME >  病院紹介  > 動物看護師ノート

看護ノート