和歌山動物医療センター

和歌山県岩出市の和歌山動物医療センターでは犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

 

病院紹介

  • N.マイロちゃん (髄外性形質細胞腫)

     最近食欲がなく、体重が減ってきたため他院で検査をしてもらうと肝臓、腎臓、十二指腸に腫瘤があると言われ、セカンドオピニオンで来院されました。
     CT検査を行ったところ、胃、腎臓、肝臓、腹腔内リンパ節に腫瘤があり、さらに内視鏡などを用いて検査行いました。
     検査の結果、転移はあるものの、抗がん剤が効く腫瘍だったことがわかり、通院しながら抗がん治療を行っています。
    頑張って下さい。

    *CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • Y.ベントちゃん (軟口蓋切除および鼻孔拡大手術)

     以前、呼吸がフウフウとしんどそうだと診察に来られた際にレントゲン検査をし、短頭種気道症候群と 判明したため呼吸が楽になるよう軟口蓋の切除手術をお勧めしていました。しばらく様子を見られていましたが、症状が重くなっているようだと相談があり、軟口蓋切除と鼻孔拡大手術を行いました。
     入院治療を終え、元気に退院されました。現在、呼吸はとても調子がいいとのことです。
    良かったね♥ おめでとう!
    超音波メスについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • S..ココちゃん (膀胱結石摘出手術)

     頻尿と血尿で近所の病院に通院し、膀胱炎の治療をされていましたが改善せず、レントゲン検査をうけられたところ膀胱に1つ結石がみつかり食事療法をされていました。しかし、しばらくして急に大声で鳴き痛がったので、別の病院に行かれました。そちらで再度レントゲン検査をし、今度は結石が4つ見つかりました。手術で取り除くよう、当院を紹介されお越しになりました。
     レントゲン画像では1cm大の結石が二つ確認され、手術の前にCTで詳しく確認し膀胱より結石を摘出しました。 術後、元気に動き回り、徐々に尿の状態もよくなったため退院されました。
     退院1カ月後の診察時には調子が良いとのことで、院内の尿検査でも尿に異常は見られませんでした。
    良かったね♥ おめでとう!


    *CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • N.スピカちゃん (脾臓摘出手術)

     かかりつけの病院で心臓が悪いと診断され、内服を処方されていましたが、セカンドオピニオンで当院に相談に来られました。
     レントゲンとエコーで心臓の状態を調べている過程で、脾臓に腫瘤が見つかりました。貧血もあり、腫瘍が原因の可能性も考えられました。
     今後の治療方針を飼い主様と話し合い、脾臓摘出の手術を行うことになりました。まずは輸血で貧血を治療し、脾臓摘出手術を行いました。
     入院中は注射・点滴治療を頑張り、緩めだった便もよくなり無事退院されました。
     摘出した脾臓を検査に出した結果、リンパ腫だったことが判明しました。現在は内服で治療を続けられています。
    良かったね♥ おめでとう!

    ハーモニックスカルペルについてはこちらをご覧ください。
    超音波凝固切開装置についてはこちらをご覧ください。
    輸血についてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • K.若葉ちゃん (大腸腺癌の切除手術)

     一年ほど前から嘔吐がひどくなってきたので他院に通院されていましたが改善がみられず、当院に来られました。「食欲もなくなり水もあまり飲まず、食べてもほとんど吐いてしまい酷く痩せてきました」とのことでした。
     エコー検査でできものが腸に見られたため、後日CTで詳しく検査することになりました。
     CT検査で小腸から大腸に至る部分(回盲部)が肥厚・閉塞していることが分かり、同部位の切除・吻合手術を行いました。診断は大腸癌でした。
     術後、徐々に食欲も出て、無事退院されました。
    良かったね♥ おめでとう!


    *CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

HOME >  病院紹介  > 動物看護師ノート

看護ノート