和歌山動物医療センター

和歌山県岩出市の和歌山動物医療センターでは犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

 

病院紹介

  • S.ジンちゃん (椎間板ヘルニア)

     後ろ足が麻痺して立たなくなり、かかりつけの病院で診てもらったところ椎間板ヘルニアと診断され、CT検査をしてもらうようにと勧められ、当院に来院されました。
    脊髄造影CT検査により、椎間板ヘルニアによる脊髄の圧迫を確認できたため、片側椎弓切除術(脊髄の圧迫 を解除する手術)を行いました。
     術後入院中は注射・点滴治療と併せリハビリ治療を行いました。徐々に後肢を動かす素振りを見せ始め、無事退院されました。
     術後少しふらついていましたが、今は後肢も使って走っています。
    良かったね♥ おめでとう!


    *CTについてはこちらをご覧ください。
    ソノキュアについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • F.アンディちゃん (僧帽弁閉鎖不全症による肺水腫)

     以前より心臓病で通院されていたアンディちゃんですが、急に咳と呼吸困難で立てなくなったと来院されました。
     心電図検査に加えレントゲン検査で胸の状態を確認したところ肺水腫を起こしていました。ICUの酸素室に入院してもらい、注射と投薬治療を行いました。呼吸が落ち着いてきたため退院されました。
     現在は食欲、元気もあり、調子よく過ごされているそうです。引き続き内服薬で治療を続けてもらっています。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • T.ミルクちゃん (咬傷)

     ご近所の飼い犬に口元を噛まれて腫れて出血していると来院されました。
     ミルクちゃんの上唇の一部が大きく欠損し、酷く損傷していたので、損傷している組織を整えて形成手術を行いました、後に傷の一部の癒合不全がみられましたが無事に治癒しました。
    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら

  • Y.チロルちゃん (手術用顕微鏡下で尿管結石と膀胱結石摘出手術)

     以前より頻尿で診察を受けておられ、レントゲンで膀胱結石がたくさん見つかっていました。療法食で様子をみられていましたが改善せず、再度レントゲンで確認すると膀胱だけでなく尿管にも結石が見られました。
     詳しくCTで尿管と膀胱内の結石の状態を調べ、尿管は細いため髪の毛の様に細い糸を使って、手術用顕微鏡下での尿管結石摘出と膀胱結石摘出手術を行いました。
     術後、尿の色もよくなり、元気に退院されました。
     抜糸に来られた際のお話では、頻尿はなくなり1回でしっかりおしっこを出せるになり、歩行も軽快になったとのことです。
    良かったね♥ おめでとう!


    *CTについてはこちらをご覧ください。
    *手術用顕微鏡についてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • N.マイロちゃん (髄外性形質細胞腫)

     最近食欲がなく、体重が減ってきたため他院で検査をしてもらうと肝臓、腎臓、十二指腸に腫瘤があると言われ、セカンドオピニオンで来院されました。
     CT検査を行ったところ、胃、腎臓、肝臓、腹腔内リンパ節に腫瘤があり、さらに内視鏡などを用いて検査行いました。
     検査の結果、転移はあるものの、抗がん剤が効く腫瘍だったことがわかり、通院しながら抗がん治療を行っています。
    頑張って下さい。

    *CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

HOME >  病院紹介  > 動物看護師ノート

看護ノート