和歌山動物医療センター

和歌山県岩出市の和歌山動物医療センターでは犬、猫、小動物の予防接種、去勢手術を行っています。

 

病院紹介
HOME >  病院紹介  > 動物看護師ノート

看護ノート

  • T.ソウちゃん (盲腸の腫瘍)

    嘔吐するようになり元気喪失したため受診されました。
    エコー検査で上腹部に腫瘍が見つかった為、後日CTで詳しい検査を行いました。 CT検査で腫瘍の場所、大きさ等を確認した後、摘出手術をすることになりました。
    盲腸の腫瘍が脾臓の血管と小腸に癒着していたため、脾臓を切除、小腸を一部切除して縫合したうえで盲腸の全切除手術を行いました。
    術後は食欲も回復し動きもよくなり、嘔吐もなく元気に退院されました。 良かったね。おめでとう!

    CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • N.バードちゃん (異物誤飲)

    一日前に飼い主さんの太いベルトを一本全部食べてしまったため来院されました。
    まず催吐処置を行いましたが異物は吐き出せず、内視鏡での除去を試みましたが少ししか取り出すことが出来なかったので、開腹手術で胃切開して食べたベルトを全て取り出しました。
    術後、入院治療を行い、元気に退院されました。 良かったね。おめでとう!


    *内視鏡についてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • N.エールちゃん (異物誤飲による腸閉塞)

     食欲がなく元気なく吐いていると大阪の夜間救急病院や他の動物病院を受診し、異物で腸閉塞を起こしている可能性があると言われ、当院を紹介されて来られました。
     各種検査とCT検査の結果で複数の異物が内視鏡の届かない位置にあることが分かり、開腹手術を行いました。一部の異物は腸を切開して摘出し、残りの異物は内視鏡の届く範囲まで動かして内視鏡で摘出し、無事手術を終えました。

    良かったね♥ おめでとう!


    CTについてはこちらをご覧ください。
    *内視鏡についてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • K.ミルちゃん (異物誤飲による腸閉塞)

     食欲、元気なく二軒の病院で治療してもらいましたが、病状は変わらないのでセカンドオピニオンで当院に来院されました。
     各種検査とCT検査で回腸付近の腸閉塞を疑い開腹手術となりました。やはり、プラスチックやその他の異物が詰まっており、その異物の摘出手術を行いました。
     術後は日に日に症状の回復が見られ、元気に退院されました。

    良かったね♥ おめでとう!


    CTについてはこちらをご覧ください。

    詳しくはこちら

  • K.あんずちゃん (腹腔内腫瘍摘出)

     美容の時におなかがかなり腫れているので診察したところ、画像検査で腹腔内に大きな腫瘍が見つかりました。飼い主さんはあんずちゃんの年も17歳と高齢なので手術はしないで様子を見るか迷われましたが、手術を決断され、腫瘍の摘出手術を行いました。
     大きな腫瘍は腺癌でしたが脾臓を巻き込んで癒着していたため脾臓も摘出し、以前よりあった乳腺腫瘍も同時に切除しました。術後はどんどん回復し、元気に退院されました。  

    良かったね♥ おめでとう!

    詳しくはこちら